岐阜の注文住宅を建てる方へ

ハウスメーカーのように規格が決められた注文住宅は、「自分好みのデザインや間取りを選びやすい」とのメリットもありますが、岐阜県内では自由度の高い地元の工務店との家づくりも人気です。


その理由として、まずあげられるのが「上質な素材」。
岐阜県は国内でも有数の木材一大産地であることから、無垢材を多用した注文住宅を得意とする工務店が多いのが特徴です。



原木から仕入れ加工したり、地産地消を心がけることで、上質な無垢材も比較的リーズナブルに提供され、県外の方だと「他の見積もりとぜんぜん違う」と驚かれる方も多いのだそうです。



一言で、無垢材の家といっても、和風からモダン、そしてリゾートなど、幅広い設計をカバーできるのですが、どんなデザインでも年月を経るほど味わい深い飴色へと変化することで、古くなっても飽きのこない魅力を讃えています。



見た目だけではなく、本物の自然素材は調湿性能が高く、「冬でも加湿器いらず」と言われるほどの心地よさを味わえるも人気の秘密です。また、岐阜県の職人には有名な”飛騨の匠”の技を色濃く受け継がれ、住まいだけでなく、家具や建具までを自社で製作してしまう会社も多く、社内に家具工房を併設し、ファニチャーショップを超えるデザイン性で勝負をする工務店もあるほど。

既製品とは異なり、これから建てる空間の広さや色合いまでを考慮して造作されるので、存在感のでやすいソファやダイニングセットといった大物家具もしっくりと収まると評判。

ぜひ、世界で一つだけの『こだわりの注文住宅』を叶えてください。